借金してでも世界一周旅行にいきたい!

私が借金をしてもやりたい事。 それは、豪華客船での世界一周旅行です。 それも、母と2人+お医者さん。 私の母の夢は、豪華客船での世界一周旅行です。 この夢は、私が子供の頃から母が言っている夢です。 何処か行きたい所はある? と聞くと、豪華な船で世界を旅したいと言います。 誕生日、退職祝、還暦祝、何がいい?と聞くと、豪華な船で世界を旅したい。 無理だけどね。と言います。 そんな私の母は、一年前、心臓の手術をしました。 もともと心臓が弱かったのですが、体調を崩して入院。 検査結果、ペースメーカーを入れることになったのです。 このペースメーカーを入れたおかげで、母の体調は入院前よりよく良くなったもものの、不安で遠出をしなくなりました。 何かあった時、すぐに病院へ行けないと不安らしいのです。 母が入院した時に感じた事は、母は、いつまでも生きていない。という事。 母に限らず誰でもそうですが、人はいつ死んでしまうかわかりません。 私は、母が大好きです。 母が生きているうちに出来るだけ親孝行がしたいのです。 豪華客船での世界一周旅行。 しかも、今の母には、主治医同行が必要です。 私は、母の夢を叶えてあげたいです。 豪華客船で世界一周旅行が出来たのなら、母は、もう人生に後悔する事がないのではないでしょうか。 私も、母の夢を叶えてあげれたら、私の人生への後悔もないのではないかと思うのです。 人生を後悔しない為の借金。 母との豪華客船による世界一周の旅の思い出。 私は、借金してでも欲しいです。

金銭感覚に気をつけてお金を借りましょう!

誰にでもお金が必要な時や、どうしても欲しいものがある時があると思います。その時どうするかでその人のお金に対する感覚がわかるのではないでしょうか。欲しくても我慢する、その物のために貯金するというのが一般的な金銭感覚の持ち主ではないかと思いますが、なかにはカードキャッシングや消費者金融でお金を借りる人も少なくないです。病気や失業などでどうしてもの場合は仕方がないとは思いますが、自分の収入や財産以上の物の為にお金を借りる人は、金銭感覚がだらしがない人だと思います。消費者金融からお金を借りる事自体は犯罪でもないですし、きちんと返済出来るのであれば問題ないとは思いますが、返済が滞ったり、自転車操業になるような人は問題ありではないかと思います。お金にだらしないという事は、時間や異性にもだらしがないと思うので、総合的にだらしがない人間と見られても仕方がないのではないでしょうか。また、そういう人は誰かの力を借りて全額返済できたとしても、また借りると思うので一種の病気ではないかと思います。

私のお財布はSuicaです

"現在私は、JR東日本が発行しているICカード「Suica」にチャージをしている電子マネーを頻繁に使用しています。
その利用目的の大半は、私が普段の夕飯の買い物などで会計をする際、スムーズに支払いを済ますことができるからです

今Suicaって色んなお店で使えますよね。
電車へ乗る際の乗車料支払いだけでなく、コンビニ、スーパー、レストランに娯楽施設まで、さまざまな場所で使用できるので大変便利です。

それに使用するたびSuicaのポイントサービスが貯まるから、個々のお店のポイントサービスと合わせると、二重にポイントを取得できて本当にお得ですよね。

実は、私は現金主義者なものですから、クレジットカードを持つのが嫌なタイプなのです。
ですがSuicaのような電子マネーなら現金と同じ、いやそれ以上にポイントなどのメリットがあるから、現金以上にお得なお金ということで、気楽に使用することができます。

こういった理由で私は電子マネーを使うようになり、現在の私のお財布は「Suica」になりました。"


私の母からの借金

"私は建設業で働いています。
長年働いているのですが給料は非常に安いです。

必然的に親から支援をしてもらうことになります。
会社の社長からも借りているのですが、それだけでは足りないですし、他人に迷惑をかけるよりはと思い親からちょこちょこ借りています。

借金の主な内訳は携帯代、煙草代など
本当に生活に必要なものでないような気もします。

できるだけ節約しようと煙草を少しの間辞めていたのですがやはりまた吸い始めてしまいました。

携帯代にはIDと呼ばれる携帯支払いと合算でコンビ二などで使えるお財布携帯の機能があります。
その機能を使っているので携帯代は最低4万はいります。

さらに別のドコモ携帯支払いも限度額が3万はあるので
妻と二人で10万は使ってしまうこともしばしば

それから保険代、税金などを引かれると給料日には全然残らないです。
毎月赤字経営で経営破綻状態になっています。
普通楽しみなはずの給料日ですが毎月絶望の給料日です。
アベノミクス効果はまだ田舎には来てくれていないようです。

なんとか黒字にしようとランサーズさんを利用し始めました。
"


お金を借りるときに頼るのは、やっぱり家族です。

"お金を借りるときに頼るのは、やっぱり家族ですね!

今まで生きてきたなかで、
他人にお金を借りたことは一度もありませんし、
これからも借りようとは思いません。

というか、自分の生活は自分でなんとかしようと考えて、
一生懸命に仕事して生活しているので、他人から借りるなんて、
よほどの大事件が起きない限り、ないと思います。

もしどうしてもお金を借りなくてはならなくなったとき、
一番信頼している両親から借りると思いますが、
たとえ家族であっても、絶対にお金は返そうと思います!

私の友人、親戚の中に、とてもお金にルーズな人がいるのですが、
その日その日が楽しければ良いみたいな、お気楽な暮らしをしています。

正直そのような生活は将来どんなに不安定かと思うし、
プライドはないのかなと思います。

時にはなんとかなるさ精神で生きるのも大切だと思うのですが、
やっぱりお金にだらしない人を、私は尊敬できません。

私がお金を借りるときは、絶対に返す覚悟で借りますし、
借りる相手は家族以外考えられません。

"